うつ病のことを理解することも大切

うつ病は薬によるうつ病もあるということを知っておくことも必要です。

薬によるうつ病は薬剤惹起性うつ病と呼ばれ、医薬品医療機器情報提供のウェブサイトなのでも調べることが出来ます。

専門医から投薬を受けている場合には、自己判断で薬の量を減らしたり増やしたりしないということはとても大切です。

例えば、薬の量を減らすと薬の効果がないと勘違いした意思がもっと強い薬を処方する場合があるからです。

うつ病に限らずの話ですが、治療については信頼関係がとても大切です。

分からないことはしっかり聞いて、うつ病のことを理解することも大切です。

厚生労働省では、うつ病の自殺対策に取り組んでいます。

うつ病かなと思ったら、自分一人で抱え込まずにうつ病の専門医の診断を受けることがとても大切です。

新宿メンタルクリニックでは専門のカウンセラーが無料うつ相談を行っています。

本人以外の相談も受け付けているそうですので、本人の不安は勿論のこと家族のことが心配だ、という人は問い合わせてみることをおすすめします。